えてあブログ

非生産的な記事が多いブログです。

工業高校入学後一週間経って思ったこと

こんにちは、えてあです。

私は先週地元の工業高校に入学した訳ですが、それから5日(6日?)ほど通ったので取り敢えず今の感想を述べたいと思います。(それと同時にブログの更新をサボってました)

 

校則が厳しい

殆どの工業高校がそうだと思いますが、校則が凄く厳しいです。

中学の校則よりも厳しかったです。学校にもよりますがね。

高校生といえば中学よりも自由だと思われがちですが、工業高校に限っては別なようですね。勿論、普通科でも同じくらい厳しい高校生もありますが。

 

先生が怖い(?)

人によって感じ方は違うかも知れませんが、基本工業高校の先生はおっかない人ばかりです。優しそうに見えても怒ると凄く怖かったり、或いは元から怖かったり。これも全国の工業高校に当てはまると思います。特に専門科目の実習等の先生は怖いかも。

 

なぜ工業高校厳しいのか

工業高校と一口に言っても、無法地帯のような所から偏差値50を越える高校まで千差万別です。しかし、校則が厳しかったりするのは大体何処もおんなじなんですよね。

何故そうなのかというのは考えればすぐ分かりますが就職が多いからなんです。普通科の高校の場合、高校卒業後は大学進学が多く、就職する人は少ないですよね。その反面、工業高校は就職が多く、社会人の基本をそれまでに慣れておく必要があるからです。本当なら普通科高校もそうするべきなんでしょうが、大学に進学していくので大学に任せている訳なんです。

 

授業はまだ始まったばかりなので何とも言えませんが、普通科目は普通科高校には劣ると思います。課題が多いため、部活との両立が出来るか不安なので文化部に所属しました。

 

本番はここから

昨日から授業が始まったので、いよいよ本格的にやっていくことになるでしょう。不安が沢山ありますが頑張っていこうと思います。

 

では。(^ω^)