えてあブログ

非生産的な記事が多いブログです。

工業高校に入ろうと思った理由

「工高生です」と言っておきながら、関連するそれらしい記事を一つも書いて無かったので書いてみることにする。

あ、ちなみにですが私はこの春から入学するものです。

 

私が通おうとする工業高校は、不良が多く荒廃しているようないわゆる底辺工業高校ではなく、校則や先生が厳しく就職はガチ勢のような中堅工業高校である。もちろん、高専なんかには負けるが。

 

私は電気科に受かったので、志望理由等を書いておく。

 

1.エレクトロニクスに興味がある

まあ、まず実業高校、または高専に入るなら専攻する科についての興味がないといけないと思いますが、エレクトロニクスに興味があります。まだ本格的な電子工作とかマイコンには手を出してませんが、その内やります。

 

2.資格を取りたい

これも実業高校に入るからには取りたいって意気込みがないといけないなと思います。

 

3.就職と進学に関して

就職については結構大手の企業からの求人も多いみたいです。進学は普通科とは受験ではほとんど戦えないので、指定校推薦とか公募推薦が多い模様。でも進学実績としては同じ偏差値帯の普通科とあまりレベルに差はない...?指定校は一番上でも四工大です。ですので、どちらにせよ工学系に進むなら工業高校でもええやんということになりますね。

 

4.校風

ここから普通科と同じような理由です。校風が自分に合っていると感じた。

 

5.ほぼ男子校だから

いえ、別にゲイではないのですが、やっぱり女子は苦手なんですよ。この前の私の中学校3年間は... - とある工高生の独り言に私の女子嫌いを綴ってありますのでご参照下さい。

工業高校の特徴として、機電とか土木科にはほぼ男子しか居ないんですよ、共学なのに。

その代わり、どんなに足掻いても青春は無さそうですけどね。

 

6.プールがないから

ハイ。私はカナヅチなので、プールはもうやりたくないんです。泳げない人の為の補修とかはちゃんと出てたんですが、翌年になると全部忘れてしまいます。まさに一進一退ですね。

 

とまあ、こんな感じで書き出してみましたがいかがだったでしょうか?(笑)

需要がなさそうですがまあ来年度の工業高校の面接あたりに役にたってもらえれば良いと思います。