読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えてあブログ

非生産的な記事が多いブログです。

Youtuberってほぼ芸能人やんけ

完全に時事ネタとしては記事を書く旬を逃してしまった。まあ、何があったかはもう言うまでも無いよね。でも、今現在ブログ見てるはほとんど居ないので、将来沢山いるであろう読者さんの為に言っておくと()、ここら辺の時期に某人気youtuberが三股くらいしたっていって、連日ネット界隈は大賑わいになっている。謝罪動画出して今はいつも通りの動画出している。(まあコメント欄は荒れてるし事務所が削除してるらしいけど)

これに関する記事なんて既に星の数ほどあるので言及ばしないが、ここで一度youtuberについて語ってみたい。

私も過去に何度かYoutubeに動画を出した経験がある。今も残っているが、もうほとんど再生されないような動画だ。再生回数なんてたった数百程度。当然トップのあいつらには桁がいくつも足りない。そんな私でも編集は少しはやっていた。ちっぽけな編集だったけど、それでも1時間は掛かった。

まあ、これは自分の話だし、プロのソフトとか使うとまた結構変わってくるんだけど、これはもはや慣れの問題。

 んで、これに耐えて動画をアップし続ける。でも、登録者は増えない。

試行錯誤しつつ、snsなんかも使用しながらチャンネル登録者1000人になる。

軽々言っているが1000人の壁は分厚い。約半分の動画投稿者が1000人に辿りつく前に断念しているはずだ。

この壁を乗り越えられたら結構楽だと思うけど、youtuberになりたいんだったらもう遅いかもしれない。あまりライバルがいないカテゴリに入りこんでトーク等で人気出すとか、日本だけでなく海外向けの動画も視野に入れれば...いかんいかん、怪しいメルマガの勧誘文みたいになってしまった。そんな話をするつもりは無くて、要はyoutuberはトップも底辺もだということである。(ここで言う底辺とは、無名の状態からyoutuberに本気でなりたいという人である。)

人気が出なくても困るし、人気が出ても気をつけることが多い。

今回騒動を起こした人はもう日本人の平均生涯年収は超えてるだろうし、引退しても大丈夫だと思うが、今後どうなっていくのだろうか。

 

追記:段々コメント欄が鎮火してきました。といっても、和解した訳ではないし、単にアンチが去った=人気が少し落ちたという事だと思います。